ウキフカセ釣りの道具

ウキフカセ釣りの道具
 ウキフカセ釣りは、その名の通りウキを使った釣りです。このウキを中心にして、魚を掛けるための釣り針、仕掛けの姿勢を整えウキの浮力を調節するためのオモリ、これらの道具をつなぐ道糸(みちいと)、ハリス、仕掛けを取り込み魚とやり取りをするための竿、道糸の出し入れをするリールなど、これらの道具を駆使して魚を釣り上げます。
 竿は磯竿と銘打たれているものならOK。様々な長さのものがありますが、最初の一本は最も一般的な5.3mでよいのではないでしょうか。価格も様々。数千円から10万円するものもあります。私はいまだに不注意で竿を折ってしまいます。初心者ならなおさらですので、まずは安価なものをお勧めします。磯竿にはアウトガイドとインナーガイドの二種類あります。違いは、竿の外側に道糸を通すか、竿の内側に道糸を通すかです。アウトガイドの磯竿は、竿の外側に設けた複数個のガイドに道糸を通すので、道糸と竿の摩擦が少なく、遠投が可能で、軽い仕掛けでも扱いやすいです。インナーガイドの磯竿は、パイプ状の竿の内側に道糸を通します。道糸と竿の摩擦が大きいため、遠投性能や仕掛けの扱いやすさではアウトガイドに軍配が上がる分、道糸がガイドに絡まるなどのトラブルがありません。特に、夜釣りでは仕掛けの状態が目視で確認できないことも多く、インナーガイドの竿が最も威力を発揮するシーンといえるでしょう。竿の号数は、竿の硬さを表しています。狙う魚の大きさによって竿の硬さを選びます。堤防や地磯なら、1.5号が一般的ではないでしょうか。

竿 インナーガイド 先端
アウトガイドは外側、インナーガイドは内側に道糸を通す。好みや、釣りのシーンによって使い分けよう。(写真はインナーガイド。)

リールは、ウキフカセ釣りでは小型スピニングリールが一般的。2000番から3000番のものを選びます。数字が大きいほうが太い道糸を巻けます。ウキフカセ釣りでは、レバーブレーキという、魚の急激なつっこみに対応して、糸をいつでも出せるレバーが付いているリールを使うのが主流となっています。使えば納得の、強力な味方です。リールも数千円のものから10万円するものまでピンキリですが、やはり最初は安価なものを。海水に水没させたり岩にぶつけたりと、まずはどんなトラブルが起こるのか体で覚えてからが賢明だと思います。
 大物がかかると、竿だけでは魚を陸に上げることができません。玉網(タモアミ)が必要になります。網は適度に目の細かいものを選びます。誤って水面に落としてしまった道具を拾うこともあるからです。玉網の枠は、折りたためるものと折りたためないものがあります。移動が電車などなら折りたためるほうがコンパクトです。玉の柄は、釣り場の高さに合わせて購入します。釣り場のガイドブックなどで堤防や磯の高さを確認しましょう。

玉網
玉網で、海に落とした道具を拾うこともできる。

道糸はナイロン製のもので、2号から4号くらいのものがあれば問題ありません。価格も様々ですが、道糸で一番大切なのは、交換頻度でしょう。新品のように見えていても、目に見えない小さい傷がついていたり、太陽光でダメージを受けていたりと、トラブルの種が蓄積されています。いざ大物がかかったときに道糸から切られてしまっては、大物を逃すばかりでなく、仕掛けすべてを持っていかれかねません。安価なものでも、頻繁に(できれば3回の釣行に1回くらい)交換されることをおすすめします。
 ハリスは、フロロカーボンのものを使用します。50mで数百円から2000円くらいと高価ですが、なるべくたくさんの種類を持っておきたいところ。狙う魚種や釣り場にもよりますが、おすすめは0.6号、1.2号、1.7号、3号といったところでしょうか。号数が小さいほど細くなります。1.7号を基本に、0.6号は足元においしい小魚が群れた時用に、3号は夕マズメ(ゆうまずめ:夕方、魚の食いがよくなる時間帯)の大物用にと、備えあれば憂いなしです。 
 釣り針は魚種によって種類も豊富です。「メジナ・グレ」や、「クロダイ・チヌ」などとパッケージに書いてあります。また大きさも何種類もあります。狙いの魚用の釣り針を、大・中・小三種類くらいあれば事足りるでしょう。そんなに高価なものではないので、いろいろ試されてはいかがでしょうか。一般的に、小さいほうが食いがよく、しかし魚が掛った時に外れやすいです。大きいものは食いが悪く、掛った時に外れにくいです。
 ガン玉・オモリは一番安価な道具ですので、細かいものから1号くらいのものまで、全種類用意したいです。しかしその扱いは・・・後述しますが、ベテランの経験とカンをもってしても「これ」という答えがだせない難しい道具でもあります。
 ウキですが、ウキフカセ釣りでもっともポピュラーなものは、円錐ウキ(中通しウキ、どんぐりウキ)ではないでしょうか。円錐形状の木製の本体(他、樹脂・ゴムなど)に、道糸を通す穴を設け、そこに道糸を通すシンプルな構造です。仕掛けと絡まることはなく遠投にも向く、非常に扱いやすいウキといえます。浮力は様々ですが、0号、2B、5B(もしくは1号)の三種類あれば大体の状況に対応できます。2Bを中心に、浅いタナ(水深)では0号、深いタナでは5Bと使い分けます。ウキの浮力表示は、ガン玉の号数と同じものを使います。
 その他、道糸とハリスを結ぶサルカン、ウキを道糸の範囲に留め、ウキの落下のショックを吸収するクッションゴム、ウキが誘導する範囲を決めるウキ止め糸、ウキがウキ止め糸を乗り越えるのを防ぐシモリ玉、小物を入れるケース、糸を切るためのハサミ、などがあります。

釣り糸
道糸やハリスは傷があるとそこから切れてしまう。交換頻度をなるべく多くしよう。ハリスは透明、道糸は釣り人から見やすいように蛍光色が着色されている(右上)。
針
ハリは、色・形・大きさ・太さなどバリエーションも豊富。いろいろ試して自分に合ったものを見つけ出そう。
オモリ
ガン玉は、スリット部分に釣り糸を沿わせ、軽く噛み付ける。大小なるべく多くの種類を用意しよう。大きいオモリを仕掛けに付けたいときは、中通しオモリ(右上)がはずれにくくて便利。
小物
左からサルカン、シモリ玉、クッションゴム&ヨウジ。どれもウキフカセ釣りには必須のアイテム。

ウキフカセ釣りの服装
 釣りを楽しむ上でもっとも大切なことは、安全対策といっても過言ではないでしょう。毎年落水などで命を落とされる方が後を絶えず、そんなニュースを聞くたびに、「気をつけなければ」と思うものです。安全そうに見える堤防でも、ライフジャケットは必携。磯に行くなら、スパイクシューズは必ず装備するようにしてください。
 釣りはアウトドアスポーツですので、悪天候でもできる限り快適に釣りができるよう、万全の装備で臨みたいものです。(もちろん、釣りができないほどの悪天候のときは行ってはいけません!)特に堤防や沖磯では、日光、風、雨をしのぐ建物や樹木がありません。夏場は熱中症に気をつけなければなりません。春や秋でも、真冬並みの寒さを感じることがあります。
基本的な服装としては、帽子、サングラス、グローブ(指先が出せるもの)、レインコート(レインウェア)。サングラスは「偏光」と書いてあるものがよいです。普通の光は様々な方向に振動していますが、水面にあたって乱反射する光は振動方向が一定(偏光)になります。その光のみを、分子配列を一方向に均一に並べたレンズが吸収してくれるのです。グローブは、邪魔なようですが、魚を触ると意外なほど棘や鰓ぶたなどのするどい部分が多いのに気付きます。魚はなるべく素手で触らないようにしましょう。レインコート(レインウェア)は、突然の雨はもちろん、風を通さずに体温を維持してくれる防寒具にもなります。
 夏場は、Tシャツでもよいのですが、できれば日焼け対策は万全にしておきたいところ。風は通して日光は通さない特殊素材でできたウェアが各メーカーから比較的安価で販売されています。帽子も、風を通すメッシュ素材のものがベスト。暑いので、堤防釣りなどではサンダルを履きたいところですが、家に帰ってからサンダル模様の真っ赤な日焼けを見る羽目になります。スニーカーをお勧めします。
 冬場は、とにかく寒さ対策。スキー場に行くつもりで服装を選んでください。釣り具店で販売されている冬用のウェアなら問題ありません。上級者ほど、釣り具ではなくウェアにお金をかけます。お金のかけ方で一番性能に差がでるのがウェアだからです。ウェアの下には、セーターなど温かいものを。私は以前、それでも耐えられなくて、大きめのゴミ袋に頭と腕を通す穴を開けて、ウェアの下に着たことがあるくらいです。ネックウォーマーも厚手で、風を通さないものがよいでしょう。カイロは必需品といえます。靴下用のものも販売されていて、重宝します。

釣り服装
冬場の、釣り場での服装。ライフジャケットは忘れずに。写真のように、グローブは指先の出るものが便利。

その他の装備
 魚を持ち帰るためのクーラーボックス。行きも帰りも重い道具ですが、水も食料も保管でき、イスにもなる便利道具なのです。持ち帰った魚を捌いて食卓に並べれば、釣りの楽しさ倍増です!バッカンにはコマセを入れます。道具入れにもなり、はずせない道具といってよいでしょう。マゼラーはコマセを混ぜるのに使います。半分凍ったオキアミを刻むこともできます。水汲みバケツはコマセに水分を加えるのと、道具を洗う時に使います。魚を血抜きするとき、海水を入れて魚をさかさまにして突っ込んでおくのも水汲みバケツです。ヒシャクは握ってみて、手にフィットするもので、カップが小さいものが使いやすいです。コマセは連続的に、少しずつ撒くのが基本だからです。その他、魚を締めるナイフ、ロッドケース、手拭きタオル、ゴミ袋、携帯電話、虫よけスプレー、日焼け止め、電車を使う場合はキャリアー、などあるとよいでしょう。

コマセきざみ
半解凍のオキアミは、ミキサーで崩すように刻むことができる。崩したオキアミに配合餌をまぜ、海水を加える。
魚〆る
魚の活け締め。鰓をプライヤーなどでむしって、魚をさかさまにして海水に漬ける。血が出なくなったら、早めにクーラーボックスへ。
水氷
魚の保冷には、魚の冷凍焼けを防ぐため、氷に海水を足した「水氷」がベスト。