ウキフカセ釣りの仕掛け

ウキフカセ釣りの仕掛け
 冒頭にもありましたとおり、陸っぱり(おかっぱり:船ではなく、海岸から竿をだす釣り)の釣りでは、ウキフカセ釣りはかなり万能な釣りといえます。足元から沖、水面から水底まで探れる釣りは他にはないからです。ウキフカセ釣りは、固定仕掛け・遊動仕掛け、移動仕掛けを覚えることによって、その万能さを発揮することができます。
 固定仕掛けは、ウキを固定して釣ります。ウキ止め糸をウキの真上に付けるか、爪楊枝などをウキの穴に挿入してウキを固定します。この釣りでは、水面からウキ下の長さの水深までしか探ることができません。ウキ下をあまり長くすると、仕掛けを投げることも魚を取り込むこともできなくなります。ウキ下は、だいたい2ヒロ(約3メートル)程度が標準です。ウキを固定しているため感度がよく、魚が餌をくわえたら、敏感にウキが反応するというメリットがあります。

固定仕掛け

遊動仕掛けは、クッションゴムとウキ止め糸の間に、ウキが誘導できる間隔を設け、仕掛けの重さでゆっくりタナを下げていく釣りです。この仕掛けは水面からかなり深いタナまで探ることができますが、ウキが固定されていない分、固定仕掛けと比べると扱いが難しく、ウキの感度もよくありません。

遊動仕掛け

移動仕掛けは、ウキ直下に5B ~1号程度の重い錘をつけて、深い水深まで一気に仕掛けを落とす釣りです。探れる範囲はオモリが落ちきったタナより深い水深となります。固定仕掛け、遊動仕掛けと比べると、仕掛け全体がかさばりがち。底専門の仕掛けといえるでしょう。

移動仕掛け